DAX CORPORATION RECRUIT

先輩の声

常にチャレンジし続けるダックスの先輩スタッフたちに
未来の後輩たちに向けてのメッセージを頂きました

人や雰囲気、対応などの違いを肌で感じて
良いなと思ったのがダックスでした

新卒で入社して今年で11年目になります。現在は、広島県の呉市で自社の分譲マンション「パレスト呉駅前」で責任者をやっています。総戸数93戸のマンションをモデルルームでお客様をご案内し、ご契約頂けるよう接客や交渉を行っている日々です。
入社のきっかけは、経済学部卒業で正直やりたいこともなく、なんとなく参加した会社説明会でした。会社説明会は5社ほど参加したのですが、人や雰囲気、対応などの違いを肌で感じて良いなと思ったのがダックスでした。私はその感覚を信じてダックスを選びました。
就活を始めた皆さんのなかは、やりたいことがなく困っている人も多いと思います。私自身そうでした。しかし、やりたいことが自分で明確になっている学生は少ないですし、何が向いているかはやってみないとわからないと私は思っています。
就活を始めた時の私と同じ状況の方は、焦ることもマイナスに捉える必要もありません。色々な会社を訪問してたくさんの方と接し自分の肌で感じ、自分の感覚を信じて会社を選ぶことが良い選択になると思います。

不動産営業部マンション課

石丸 慎 [ 2006年入社 ]

新しいことに挑戦することで
自分がさらに成長できていることを実感しています

建築学科出身のため、不動産業を志望して就職活動をしていた折、不動産業を基盤としながら「住」を軸とした多角事業を展開しているダックスに惹かれました。入社して最初に配属されたのはマンション企画課で、マンションの企画に携わり、建築の仕事をしていました。
現在は海外推進室に配属され、貿易実務をしています。初めての分野で戸惑うことが多いですが、日々勉強するにつれ仕事が分かるようになり、ひとつの貿易が終わったときは大きな達成感があります。外国の方と一緒に仕事をする中で、違う宗教での習慣があり、学ぶことも多くとても新鮮で、今までと違う分野の仕事ができる経験はとても貴重に思えます。
常に変化している世界の中でひとつのものに固執せず、新しいことに挑戦することにより、知識・経験が増え、自分がさらに成長できていることを実感しています。

海外推進室

東福 祥太朗 [ 2016年入社 ]

エントリーフォーム