Special Interview

先輩×後輩対談

【Q】お互いの第一印象は?
T:第一印象なんて話したことないから照れくさいですね。
N:なんかへらへらしているやつだなと思ったかな(笑)
T:え!!?
N:ただ一年目なのにしっかりしてるなっていう印象だったよ。
T:わ!恥ずかしい(照)Nさんは「クール」ですね。初対面は研修の時だったんですが、実はちょっと怖かったです。わちゃわちゃ騒いだりするのは嫌いな人なのかなと思ってました。後々、一緒に作業している中で、よく話をしてくれる人だってわかったんですけど。優しかったです。

【Q】一緒の部署に配属になってから何か変化はありましたか?
T:またさらにイメージが変わりました!細かいところになるのですが、メールの添削や、資料作成のアドバイスをもらったり、事務所にいるときは常に助けてもらってます。頼れる先輩です。何でもかんでも質問してお手を煩わさないようにしてます。自分で調べればわかる内容とか。
N:確かに減ったね(笑)
自分で調べればその分定着もするし、間違いなく成長につながるよ。そういえば机の境界線ははっきりさせたよね。
T:でも境界線、最近あいまいになってきましたよね?のりとティッシュを提供することで、境界線を越えても許してもらっています(笑)席が隣なので、電話などお客様とのやりとりがよく聞くようにしています。
N:電話を聞いていると席をたつので、聞けない時もある(笑)浄水器への配属の歴は、僕の方が少ないので、よく聞くこともあるかな。

【Q】今後後輩に期待することはどんなことですか?
N:貪欲に知識を増やしてほしい。自分で調べる力は僕がマンションの営業をしていた時から重要だと思ってる。自分で勉強するかどうかで個人の力の差がついてくるから、そのあたりの力をつけて欲しいと期待してます。建築の構造や設置など、言い出したらキリがないけどね(笑)
T:時事ネタなどまだまだついていけないので、本当にその通りだなと思います。業者さんのところでも教えてもらうことばかりです(笑)

【Q】先輩から学んだことはどんなことですか?
T:人としての器のでかさ。ソファを貰いましたし、お昼ご飯に行くときに自分の苦手な食べ物でも、僕に合わせてついてきてくれますよね(笑)
仕事の中では、物事の1歩2歩先を見据えて動いているので、いろんな選択肢を持ってる。物事がどっちに転んでも対応しているところがすごいと思います。僕も26歳になったときに、周りから頼りにしてもらえるようになりたいと思います。

【Q】二人ならではのエピソードはありますか?
T:Nさんはめちゃくちゃ道を覚えるのが早い!初めていった山道でも道を覚えてる。
N:それは、グーグルマップでみた(笑)方向音痴?
T:いやいや!
N:いや音痴やね。
T:あ、あと意外と好きなタイプが一緒でした!
前に過去の恋愛の話をしたとき、エピソードがすごい似てて、一緒の人と付き合っているんじゃないかと思ったくらい!

【Q】「N×T=〇〇」 〇〇に入るのは?
T:最強!でもありますが・・・「∞」(無限大)で!!Nさんと一緒なら、どんな困難にも乗り越えていきそう。
N:歌詞みたいだな(笑)
T:営業スタイルも違って、テンション系の自分と理論系の先輩でいろんなところを補って行けると思います!方向音痴の僕と道に強いNさんとか・・・
N:二人でやっと一人前やん!頑張ろう(笑)

【Q】未来の後輩たちへメッセージをお願いします。
N:勉強に熱心でいてほしいです。勉強しない社会人もいますが、お客様の信頼や安心のためにもっとしっかり説明したい!と考えればやはり勉強が必要です。いろんなジャンルの話ができれば幅も広がります。「勉強しない=お客様の事を考えていない」と言えるほどだと思ってます。
T:先輩らしくありたいので、僕のことを憧れのまなざしで見て欲しい(笑)負けず嫌い!諦めないで!打たれ強い!切り替えが早い!人はいいですね。そう思うようになったのは以前の先輩をみて。断られてしょげている僕の隣で先輩はしっかり切り替えて次をみていました。しょげるくらいなら、なぜ失敗したのか、どうしたらうまくいくのか分析をしていけばいいと思えるようになれました。