ダックスの風土はメリハリをつけて楽しく働く!そんな社風だからこそ、
全ての社員が目標とやりがいを持って日々活躍しています。

誰でも社長になれる!?

現在の石原社長は2019年4月、全社員による「社長総選挙」にて選ばれました。
ダックスは絶対に「親族経営」を行いません!

休日が多いから
プライベートも大忙し

直近3年間の会社の公式年間休日は驚異の平均125日超え‼︎有給休暇は初年度より10日。
さらには『誕生日休暇』制度まであり、独身も家族持ちも休日の多さに大満足!

あっという間の
リモートワーク体制

新型コロナが日本に上陸と聞くないなや、2020年2月より時差出勤を開始。
翌月にはリモートワーク、フレックスタイム制を九州ではいち早く導入(一部混乱あり…)。
追っかけて「リモート環境を整える手当(略して『リモ環』)を全社員へ毎月定額支給。
パソコンやモニター、ヘッドホン等を購入する社員への補助金制度も創設。
コミュニケーション不足対策として、社員の「個性」が光る『事業部通信』をスタート。

若手社員の台頭

2021年2月、ついに32歳の最年少部長誕生!(ちなみに最年少課長は昇進時27歳!)
ダックスは若手でも貢献度の高い社員をスグに重役へ抜擢します![ 脱・年功序列 ]
ちなみに、最年少取締役就任は当時40歳でした。

高齢者もパワフル
なんです!

現在、インドネシア法人のCEOとして現地に赴任している会長は御年72歳。
財務を切盛りする本社副社長も御年72歳。ともに颯爽と活躍しています。
最高齢の社員は、ソーラー事業の知識の要である「Tさん」。
御年78歳で、入社依頼ずっと皆から頼りにされています。
ダックスは、若手からシニアまでが、時代を超えて進化を続ける集団であり続けます。

何でもやりたがる
チャレンジ精神

この15年間に行った新規事業は、国内・海外合わせて17個(年に1個以上のペース) ‼︎
宅地分譲、マンション管理、リフォーム、仲介、ビル管理、ソーラー、売電、浄水器(国内・中国・台湾)、カフェFC(国内・中国)、ミネラルウォーター(国内・中国)、EMS(エネルギーマネージメントシステム)、防犯カメラ、産業廃棄物追尾システム、戸建住宅(国内・インドネシア)、喫煙ブース、スラグ貿易(インドネシア~バングラデシュ)、空気循環式紫外線清浄機…
まだまだやります!やる気満々です!

まさかの海外進出…!?
いいえ、
当然の方向性です!

中国上海に現地法人を設立したのが2011年。
その後、台湾にも営業エリアを広げ、2019年9月にインドネシアのジャカルタに
新会社を設立。
元々、老若男女・学歴・国籍まで気にしないダックスは、世界4番目の人口を抱えた当国を東南アジア展開の次なるターゲットと捉え、事前にインドネシア人の3名の新卒(琉球大1、立命館アジア太平洋大2名)をグローバル採用した後に、満を持して進出しました。
現地では、住宅販売のみを行う予定でしたが、「唐揚げ専門店」や「浄水事業」、「空気清浄器販売」と、早くも『なんでもやりたい病』の匂いが漂い始めています。

誰よりも効率的に稼ぐ!

リモートワーク導入とともに一気に進めているのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進に伴う『業務効率化』と『生産性の向上』。
ダックスは社員一人ひとりが時間あたりどれだけ稼げるかを追求し続けていきます。
その為には、この後の数億円単位の投資も惜しみません。