1. HOME
  2. ブログ
  3. 太陽光発電
  4. 電気代削減のためのニュースタイル「新電力とは?」

PALEST SOLAR NEWS

太陽光発電

電気代削減のためのニュースタイル「新電力とは?」

電気代削減のためのニュースタイル「新電力とは?」

電気代削減のためのニュースタイル「新電力とは?」

手間を掛けずに電気代を削減

新電力での
コスト削減術

皆さんは電気代削減のための方法として、新電力会社への切り替えという選択肢があるのをご存じでしょうか?新電力会社から電気を購入することで、電気代が安くなるかもしれません。

では、新電力会社で電気を購入するとなぜ電気代が安くなるのでしょうか?また、新電力会社とはこれまでと何が違うのでしょう?

今回は、電気代削減のための新電力についてご説明します。

新電力とは?

電力供給事業は「発電部門」「送配電部門」「小売部門」の大きく3つに分けられます。

この中の小売部門では、旧一電と呼ばれる東京電力や関西電力などの大手電力会社10社が独占していましたが、2016年4月に電力小売が全面自由化となり、様々な会社が電力販売に参入できるようになりました。この自由化によって新たに電力小売事業を開始した電力会社を新電力会社と呼びます。

新電力は信頼できる?

新電力は信頼できる?

では、実際に新電力会社から電気を購入することは本当に問題ないのでしょうか?

まず、新電力会社として小売電気事業者になるためには、国の審査を受ける必要があります。どんな会社でもなれるというわけではなく、一定の審査基準をクリアして電力の販売が認められた会社が登録事業者となることができるのです。
また、新電力会社に切り替えたとしても電気の質は全く変わりません。なぜなら、新電力会社はあくまで電気を売る会社であり、電気を作る発電事業者とは異なるからです。そのため、たとえ電力会社を切り替えたとしても、発電事業者に変わりはないため電気の質も変わりません。

以上のことから、新電力会社への切り替えは電気の小売窓口を変更するだけのことであり、電気の質や会社の信頼度に問題はないのです。

新電力で電気代が安くなる理由

新電力会社の電気代が安くなる理由として、事業にかかるコストが大手電力会社に比べて安価であることが挙げられます。

一般的に大手電力会社では発電から小売りまでを一貫して対応するため、事業運営のコストが高くなりがちです。このコストは基本料金として年間のピーク時の消費電力量(最大デマンド値)によって設定されます。そのため、電力使用量が少ないオフシーズンでも高い基本料金を支払わなければなりません。
一方、新電力は小売りのみを行っている場合が多く、固定費が安くなるため基本料金を安く設定することができます。

電気代削減には自家消費型太陽光発電がおすすめ

先程もご説明しましたが、新電力会社に切り替えることで一定の電気代削減効果が見込めます。電力会社を切り替えるだけなので手間とコストは掛からないものの、削減効果としてはそこまで大きくはありません。

そこで、電気代削減手法としておすすめなのが自家消費型太陽光発電です。
自家消費型太陽光発電を導入することで、発電した分だけ電力会社から購入する電力を減らすことができます。
また、日中の最大電力使用量を抑えることもできるため、契約電力の引き下げも同時に実現できるのです。そのため、電気代を大幅に削減するためには、電力会社の切り替えと同時に自家消費型太陽光発電を導入することが得策です。

まとめ

新電力会社への切り替えは、リスクゼロで手間と時間を掛けずに電気代を削減できるため、電気代削減の第一歩としては大変おすすめです。しかし、電気代の削減効果としてはそこまで大きくはありません。

そのため、電気代を大幅に削減したい方は、新電力会社への切り替えと併せて自家消費型太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

弊社では長年に渡る太陽光発電事業によって得た実績とノウハウで、お客様の現在の状況をヒアリングし、お客様にとって最適なプランを検討、ご提案させていただきます。

自家消費型太陽光発電に
関するご相談はこちら

※お電話でのご相談は平日9時~17時30分となります。

担当:藤川(092-737-1131
fujikawa@dax-jp.com

関連記事

オンライン商談のご予約賜ります

オンライン会議サービス「Zoom」を使用して、弊社営業担当よりお客様に最適な製品のご提案、お困りごと等お伺い致します。