INTERVIEW

ダックス「先輩社員」のいろは

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 当たり前のことをあたりまえに

新卒社員
K.F(営業/次長)
2007年入社

当たり前のことをあたりまえに

これまでのキャリアと現在の業務内容について教えてください
入社してからこれまで、マンション事業部とソーラーシステム事業部、少しの期間浄水器事業部に配属された経緯があり、個人のお客様を対象にした営業から、企業を対象にした営業を経験してきました。現在携わっているソーラーシステム事業部では企業の担当者を相手にした法人営業です。ソーラーシステムを導入する上での商材を卸したり、設置に関連する工事を請け負ったり、行う業務の内容は相手先によってバラバラです。
ダックスに入社した決め手を教えてください
就活をしていた頃は、福岡で働きたいと思っていました。なので、福岡の地場の企業や事業所が福岡にある会社を見てきました。合同説明会にも参加しながら、資格があったわけではないので営業職で探していました。いくつか内定をもらったなかで、取り扱う商材の金額が大きかったのが、ダックス。就活中は、一時期車関係も受けていましたが、リフォームや不動産など、住宅関連を多くみて、新築分譲を行っているダックスを選びました。
仕事をする中で苦労することはどんなことですか?
どの部署でもチームでやっています。部署が掲げる最終的な目標は同じですが、担当業務がみんな違うので、やはり温度差が出てくることもあります。チーム全体のモチベーションを擦り合わせていくのが大変ですね。私は営業なので、売上や利益などの数字に関しては、意識を高く持っています。チームのみんなには、部署の目標で掲げている売上や利益に対して、チームそれぞれの業務がどういう風に関わっているのか、できる限りわかりやすく共有することにしています。数字を達成するモチベーションを合わせるよう、努力しています。
座右の銘を教えてください
「当たり前のことをあたりまえに。」
基本的なことですが、日々のちょっとした業務についても、当たり前にやることを心がけています。「当たり前にやる」と言っても、簡単そうに見えて出来ていないこともあると思います。なので、基本的なことを出来るように気をつけるようにしています。
今後の目標を教えてください
自分が所属している部署としての目標は、会社の役に立つために、「利益」を上げることです。どんなに努力をしていても、決算時の結果として赤字になってしまっては、それまでの活動や業務が無駄になってしまいます。自分の役割を全うしながら、利益をあげることが目標です。
あなたの働き方改革とは?
これも基本的なことですが、次の日にやることは、必ず前の日に確認し、順調に業務が進むように、スケジュールなどの段取りを組み立てています。この作業を完了させて、一日の業務を終わらせることができると思っています。
10年前と現在のダックスの変わったところ、変わっていないところは何?
変わったところは、入社当初に比べ、さまざまな事業展開がされてきたことです。不動産事業はもちろんですが、より社会のニーズに柔軟に対応できるようになったと思います。変わっていないことろは、ダックスが扱っている商品が、入社以来ずっと「お客様の役に立つもの」であること。その目線は変わっていません!